銀行の収入以外の審査のポイントは?

銀行の収入以外の審査で重視されるポイントは?@

住宅ローンの審査に当たって、
銀行が収入以外に重視するポイントとしては、次のようなものがあります。

 

最近は銀行によっても幅があるようですが、
個々の銀行が設定した基準に照らして審査の可否が決定されます。

銀行の収入以外の審査で重視されるポイントは?A

■勤続年数や営業年数
一般的には、サラリーマンの場合は、3年以上勤務、
自営(個人事業主)であれば、2〜3年程度の
黒字の決算書の提出が必要となります。

 

■住宅ローンを組む人の年齢
一般的には、借入時の年齢は20〜70歳、
完済時の年齢は80歳程度となっていますので、
完済年齢に制限があります。

 

よって、住宅ローンを組む年齢によっては
借入期間が短くなってしまうことがあります。

 

■物件の担保掛目
住宅ローン組む物件の担保掛目は次のように計算しますが、
購入時は、通常掛目は80%程度から、
頭金ゼロでは掛目100%も可能なところもあるようです。

 

担保掛目=ローン借入希望額÷マイホームの評価価値※

 

※購入時は銀行評価と売買価格とのいずれか低い方になります。

 

■保証会社の保証
住宅ローンを長期に渡って安定的に返済する能力があるかどうかが審査されます。

 

具体的には、
カードローン等の借入がないかの調査が行われます。

 

カードローン等の借入状況によっては、
銀行指定の保証会社の保証が受けられずに
審査に通らないことがあります。

 

スポンサーリンク