銀行の住宅ローンの収入基準は?

銀行の住宅ローンの審査で、収入についてどのような点を重視するの?@

銀行の住宅ローンの審査で収入については、
次のような点が重視されます。

 

■住宅ローンを組む人の年収
■返済比率

 

以下、より具体的にみていきたいと思います。

銀行の住宅ローンの審査で、収入についてどのような点を重視するの?A

■住宅ローンを組む人の年収
サラリーマンは税込の年収(額面)、
自営業者は税金を計算する際の基になる所得が見られます。

 

一般的な下限は200〜400万円ですが、
これはあくまでも目安になります。

 

ちなみに、基準に満たない場合には、
妻に収入があればそれも合算して申込むこともできます。

 

■返済比率
返済比率というのは、
年収に対する住宅ローンの年間返済額の割合のことですが、
次のような算式で求めます。

 

⇒ (年間住宅ローン支払額+その他のローン)÷税込年収

 

この返済比率は、
金融機関がローンの上限を決定する際の目安になりますが、
一般的な上限は35〜40%程度です。

 

なお、ある程度ゆとりのある返済を考えると25%程度、
理想的には20%程度までがベターと言われています。

 

例えば、年収400万円で、
年間の住宅ローンの返済額の合計が120万円だとすると、
120万円÷400万円=30%ということになります。

 

ちなみに、このときの年間返済額を求める際の金利は、
借入金利ではなく審査金利なので注意が必要です。

 

なお、年間返済額の審査金利については、
現在は4%程度というところが多いようです。

 

スポンサーリンク