家族の収入と負債への審査とは?

住宅ローンの審査では、家族の収入や負債も影響するの?@

住宅ローンの組む際には、
借入者に対しては
個人情報の負債に関する調査が行われますが、
これは本人の了承を得たうえで行われます。

住宅ローンの審査では、家族の収入や負債も影響するの?A

ただし、次のような場合には借入本人だけでなく、
親や妻の負債や過去の返済状況、
クレジットカードの利用状況といった個人の信用情報が調査されます。

 

■共有名義にする場合
■親子リレーローンを利用する場合
■妻との連帯債務や連帯保証で住宅ローンを組む場合
■親の土地に自宅を建設する場合

 

ちなみに、親の土地に自宅を建設する場合には、
親の土地が担保になりますので、
その土地が他の借入の担保になっていないか、
ということが審査されます。

 

なお、この場合、原則として
担保提供者は連帯債務者になることを求められます。

家族の信用情報の調査をする場合は、本人の了承を得るのですか?

家族への信用情報の調査を行う場合には、
当然のことながら本人の了承が必要になります。

 

とはいえ、もし断れば住宅ローンは受けられませんので、
連帯債務や収入合算を利用する際には、
家族の負債や過去の返済状況も影響を受けるといえます。

 

具体的な調査のやり方としては、
一般的には、事前審査や申込書に
「個人の信用情報調査の同意欄」
がありますので、
これに署名・捺印することで本人の了承をとる形になっています。

収入についての審査はどのように行われるのですか?

収入については、
納税証明書や源泉徴収票などの書類を
本人が提出するという申告制になっていますので、

 

独自に金融機関が
税務署や勤務先に調査に入るということはありません。

 

スポンサーリンク