収入合算していて離婚した場合は?

収入合算で住宅ローンを組んでいた夫婦が離婚した場合、保証人は?@

マイホームを購入する際に
連帯債務の収入合算で住宅ローンを組んでいたけれど、

 

その後離婚や何らかの事情で連帯保証人をはずす
(連帯債務から単独債務に変更する)というのはよくあるケースです。

収入合算で住宅ローンを組んでいた夫婦が離婚した場合、保証人は?A

この場合のやり方としては、
借入先の金融機関で連帯保証人をはずしてもらう方法と、
借換えをして
借換え先の名義を単独名義にする方法が考えられます。

 

ただし、どちらの方法にしても、
単独債務者が残りのローンをすべて引き受けるだけの収入、
つまり、返済能力があることが条件になります。

もし、単独の収入で残りのローンを引受けられないときは?

もしも、夫や妻が、単独の収入では、
残りのローンを引き受けられないという場合には、

 

単独収入で借入できる金額になるまで、
または連帯債務者のローン負担割合分の金額を現金で繰上返済するか、
もしくは、別の連帯保証人を立てる必要があります。

 

とはいえ、金融機関によっても対応は異なりますので、
事前に相談するようにしてください。

 

ちなみに、銀行では、連帯債務者のローン負担割合分の
繰上返済を求めるケースが多いようです。

 

なお、持分のある住宅についてのローンから
連帯債務者をはずすということは、

 

妻(夫)から夫(妻)への負担付贈与になり、
贈与税や譲渡所得がかかることもありますので注意してください。

 

スポンサーリンク