ボーナス返済に頼るのはどうなの?

ボーナス返済額はいくらまでですか?@

ボーナス時増額返済というのは、
毎月分の返済額を少なくして、
その分をボーナス時に返済するものですが、

 

これはほとんどの金融機関でできます。

ボーナス返済額はいくらまでですか?A

フラット35や民間融資では、次のように決められています。

 

■フラット35
フラット35では借入金の40%以下、50万円単位とされています。

 

具体的には、例えば、借入金が2,800万円の場合、
ボーナス返済額は1,120万円(2,800万円×40%)以下で、
なおかつ50万円単位であるので、
ボーナス返済額は最高1,100万円となります。

 

残りの1,700万円(2,800万円−1,100万円)
は毎月返済分ということになります。

 

■民間融資
民間融資では、借入金の50%以下で、10万円単位などと決められています。

ボーナス時増額返済を利用すると総返済額はどうなりますか?

ボーナス時増額返済を利用すると、
毎月の返済額が少なくなる分、

 

ボーナスとボーナスの間(6か月)の元金の減り具合が少なくなりますので、
その分利息が増えることになります。

 

この結果、ボーナス時増額返済の方が、
毎月返済のみのときよりも総返済額はやや多くなります。

 

ちなみに、ボーナス時増額返済は、
毎月返済額を低く抑えることができるので、
定期的にボーナスをもらっているサラリーマンに広く利用されてきましたが、
現在は社会情勢を反映して次第に少なくなっているようです。

 

スポンサーリンク

返済計画を立てる際にボーナスはどうしたらよいのですか?

ボーナスは企業の業績や景気に左右され、
その額が安定しませんので、
毎月返済分を中心に返済計画を立てるのが基本になります。

 

もし、
すべての借入金を毎月返済のみで組むことが難しい場合は、

 

フラット35でボーナス時増額返済を利用して、
銀行ローンは毎月返済のみにするなど、
リスクを分散させる工夫も考えられます。

ボーナス時増額返済の注意点は?

ボーナス時増額返済の注意点としては、次のようなものがあります。

 

■ボーナス返済月の支払い
ボーナス返済をする月の返済額は、
毎月返済額とボーナス返済額の合計になりますので、
もしボーナスがなくなっても支払える金額かどうか
確認する必要があります。

 

■ボーナスの減額
ボーナスは企業の業績などによって金額が増減したり、
支給が遅れることも考えられます。

 

ボーナス返済額に頼りすぎていると、
いざボーナスが減額などとなったときに
額が大きいだけに対応が難しくなります。

 

■退職後
年金生活にボーナスはありませんので、
退職時にボーナス返済が残らないような計画を立てるようにしたいところです。

 

スポンサーリンク