具体的な住宅ローンの流れは?

具体的な住宅ローンの流れはどのようになっていますか?@

具体的な住宅ローンの流れは、次のようになっています。

 

■住宅ローンの検討
・物件選択や資金計画と合わせて検討します。

 

・民間の金融機関の住宅相談会や土・日に行われるものも多いです。

 

・インターネットなら豊富な情報が簡単に収集できます。
返済のシミュレーションができるサイトなどもありますので活用したいところです。

具体的な住宅ローンの流れはどのようになっていますか?A

     ↓
■住宅ローンの仮審査(事前審査)
・通常は数日で結果がわかります。

 

・売主などから金融機関を紹介されることもあります(提携ローン)。
     ↓
■住宅ローンの申し込み・本審査
・売買契約が終了したらすぐに住宅ローンを申し込みます。

 

・財形住宅融資の場合は、この時点の金利が適用されます。
     ↓
■融資の決定
・融資内容にもよりますが、融資の決定(承認)までには約2〜3週間かかります。

 

・フラット35では、通常、融資の決定後、住宅が一定の基準を満たしているのかどうか
審査が行われます。
     ↓
■住宅ローンの契約(金銭消費貸借抵当権設定契約)
金銭消費貸借抵当権設定契約書には、印紙税が必要になります。
     ↓
■資金の受取り(融資実行)
     ↓
■残金決済
     ↓
■抵当権の設定登記
     ↓
■マイホーム生活、ローン返済のスタート

 

スポンサーリンク