借入れの審査が通りにくい人は?

審査が通りにくい人というのはどのような人ですか?@

金融機関の審査が通りにくく、
融資を受けづらいのは次のような人です。

 

■健康面に不安がある人
健康状態が悪く、団体信用生命保険に加入できない人は難しいです。

審査が通りにくい人というのはどのような人ですか?A

■現在、他に債務がありそれを合計すると負債比率が高くなる人
・金融機関では、一定の割合の負債比率(年間返済額が税込年収の30%以下など)
を定めています。

 

・負債比率というのは、前年の税込年収に対する今回の住宅ローンに他の負債※
をあわせたもののことです。

 

・また、負債比率をクリアしていても、債務の目的が不健全なものではないか
という点もチェックされます。
※車のローンやカードローンなどです。

 

■クレジットなどの滞納暦がある人
金融機関では、各地の銀行協会に設置された個人信用情報センターに集められた情報から、
過去のクレジット歴※をチェックします。
※延滞や差し押さえなどです。

 

■勤続年数が短い、または安定した勤務先を持っていない人
ここでは、現在の収入が安定したものと判断できるかどうかが重要なので、
例えば、リストラなどが原因で再就職先の勤続年数が短い場合などでは、
前勤務先の勤続年数を通算して、総合的に判断されることもあるようです。

実際の審査はどのように行われるのですか?

実際の審査の流れですが、まず、銀行のホームページで所定の画面で
必要項目を入力し電子メールなどを送ると、
取り扱いの可否がすぐに診断されます。

 

その結果に応じて
「住宅ローン事前審査申込書」
が郵送されてくるので、
これにより事前審査を受けます。

 

事前審査の結果、利用要件に該当すれば、
ローンの申し込みを行うことができます。

 

ちなみに、フラット35の融資の主体は民間金融機関ですが、
金融機関には、住宅ローン債権を住宅金融支援機構に買い取ってもらえる
という安心感があるため、
融資は比較的実行されやすいといえます。

 

スポンサーリンク