フラット35の住宅の品質は?

フラット35では住宅の質に違いがあるのですか?@

フラット35は、住宅に一定の質を求められるという点で、
民間金融機関の他の融資とは異なります。

 

というのは、住宅建設、住宅購入(新築・中古)の手続きの中で、
検査機関に工事検査※の申請を行い、
すべての検査に合格して「適合証明書」の交付を受け、
これを金融機関に提出することで融資が可能となるからです。

フラット35では住宅の質に違いがあるのですか?A

ちなみに、検査機関は、
全国を対象とする日本建築センターなど8機関、
一部を対象とする各地の建築指導センターなど115機関があります。

 

ただし、検査機関によっては営業地域が決まっていたり、
遠隔地では料金の加算が必要な場合もありますので、
事前の問い合わせが必要です。

 

なお、住宅検査の手数料は利用者負担で、
金額は検査機関により異なります。

 

※設計審査・現場審査

一戸建て住宅とマンションの検査は?

一戸建て住宅は、
設計審査、現場審査(中間)、現場審査(竣工)の3回、

 

マンションでは、
設計審査、現場審査(竣工)の2回行われます。

 

一戸建ての場合は、
設計・中間・竣工の審査で5万円前後が必要になります。

中古住宅の検査は?

中古住宅は、検査機関による審査や適合証明技術者が、
融資の対象として適切かどうか、
書類調査と現地調査をして判断します。

 

スポンサーリンク