住宅ローン控除とその条件は?

住宅ローン控除とは?@

住宅ローン控除というのは、
10年以上の住宅ローンを利用して住宅を購入した場合などに、

 

確定申告をすると
所得税が軽減されるというものです。

住宅ローン控除とは?A

住宅ローン控除では、
敷地分も含めた住宅ローンの年末残高に、
一定の控除率を掛けた金額が、
10年間または15年間控除されます。

 

といっても、税額控除ですから、
その年に納めた所得税の範囲内でしか控除されませんので
注意してください。

 

わかりやすくいうと、次のようになります。

 

<住宅ローンで控除される金額>
次の金額のうち、どちらか少ないほうの金額です。

 

■住宅ローンの年末残高
■その年の所得税額

住宅ローン控除の住宅の条件は?

住宅ローン控除の住宅の条件は、次のようになっています。

 

■床面積が50u以上であること
※登記簿上の面積です。

 

■中古住宅の場合は、一定の耐震基準を満たすものであること。

 

■増改築の場合、居住用部分の工事費が、総額の2分の1以上で、100万円
を超えるものであること。また、工事後の床面積が50u以上であること。

 

■一定の条件を満たす耐震改修工事

 

■平成19年度からは、次のような工事費30万円超の一定のバリアフリー工事も
対象になります。年末ローン残高の2%(バリアフリー改修工事相当分、
その他の増改築工事は1%)が5年間工事されます。

・廊下の拡幅
・浴室改良
・手すりの設置

 

スポンサーリンク

住宅ローン控除の本人の条件は?

住宅ローン控除の本人の条件は、次のようになっています。

 

■住宅を新築・購入した日から6か月以内に入居していること。
また、控除を受けようとする年の年末まで、引き続き居住していること。

 

■控除を受けようとする年の年間所得金額が、合計で3,000万円
(給与収入のみの場合は約3,336万円)以下であること。
※これを超える年は控除が受けられません。

 

■居住した年とその前年、前年々、翌年、翌々年(通算5年間)に
「3,000万円の特別控除」や「居住用財産の買い換え特例」などの
適用を受けていないこと。

住宅ローン控除のローンの条件は?

住宅ローン控除のローンの条件については、次のようになっています。

 

■住宅ローンは、返済期間が10年以上のものであること。

 

■その全額が住宅の購入や新築、増改築に使われるものであること。

住宅ローン控除の控除率は?

平成19年末までの入居の場合、
控除期間10年の控除率は次のようです。

 

■1〜6年目 ⇒ 1%
■7〜10年目 ⇒ 0.5%

 

平成19年から登場した控除期間15年の控除率は次のようです。

 

■1〜10年目 ⇒ 0.6%
■11〜15年目 ⇒ 0.4%

 

スポンサーリンク