住宅用地・新築住宅の税率の軽減措置は?

住宅用地の軽減措置は?@

住宅やマンションなどの敷地になっている土地については、
住宅用地として軽減措置があります。

 

住宅用地は次のように分けられています。

 

■一戸当たり200u以下の部分 ⇒ 小規模住宅用地
■一戸当たり200uを超える部分 ⇒ 一般住宅用地

住宅用地の軽減措置は?A

そして、それぞれ次のような軽減措置が受けられます。

 

<本来の税額>
⇒ 課税標準×1.4%(標準税率)

 

<軽減措置>
■小規模住住宅用地
⇒ 課税標準×1/6×1.4%(標準税率)

 

■一般住宅用地
⇒ 課税標準×1/3×1.4%(標準税率)

新築住宅の軽減措置は?

一定の条件を満たす住宅については、
床面積120u以下の部分の税額が、
取得後3年間※にわたって、2分の1に減額されます。

 

減措置が受けられる条件は次のようなものです。

 

■建物の総床面積の2分の1以上が居住用であること。

 

■床面積に共用部分の按分面積を合計した面積が50u以上280u以下であること。

 

※マンションなどで、3階建て以上の耐火・準耐火構造住宅については5年間です。

固定資産税評価額というのはいつ評価替えがされるのですか?

固定資産税評価額というのは、
3年に1度評価替えが行われます。

 

一部の都市部以外では、地価はあまり上昇していませんが、
これは、これまでの評価額に大幅な負担調整措置がとられていたので、
そもそも低い水準にあるからです。

 

ちなみに、平成12年度からは、
さらに地価の下落が見られる地域に限って、
3年後とではなく毎年、評価額が減額修正されています。

 

スポンサーリンク