家を売るときにも税金がかかる?

家を売却したときにも税金がかかるのですか?

家などの不動産を売って得た利益である譲渡所得には、
所得税と住民税がかかります。

 

これらの税金は、
所有期間によって税額がかなり変わってきますので、
そのタイミングには注意したいところです。

 

さらに、不動産を購入したときのように、
印紙税や登録免許税、消費税もかかります。

印紙税、登録免許税、消費税の納付は?

印紙税、登録免許税、消費税は、
ぞれぞれ次のように納付します。

 

■印紙税 
⇒ 売買契約書を取り交わすときに納付します。

 

■登録免許税 
⇒ 抵当権の抹消登記が必要なときに納付します。

 

■消費税 
⇒ 仲介手数料、登記手数料が対象です。

譲渡所得とは?

譲渡所得というのは、不動産をはじめ、
株や車、貴金属などを売って得た利益のことをいいます。

 

不動産の場合の譲渡所得は、以下のように計算します。

 

⇒ 課税譲渡所得金額=譲渡価格−(取得費+譲渡費用)−特別控除額

 

※譲渡価格…不動産を売却して得た全収入
※取得費…売却した不動産の取得にかかった費用
※譲渡費用…売却に要した費用

譲渡所得が赤字になったら?

譲渡所得が赤字になったら、
所得税と住民税の軽減措置があります。

 

スポンサーリンク