課税譲渡所得の計算内容は?

課税譲渡所得の計算の内容は?

下記、課税譲渡所得金額の計算のそれぞれの内容は、
以下のようになっています。

 

⇒ 課税譲渡所得金額=譲渡価格−(取得費+譲渡費用)−特別控除額

 

譲渡価格というのは、土地や建物を譲渡して得た金額のことです。
「譲渡した日」に収入があったものとして税務署に申告します。

取得費とは?

取得費というのは、
売却した土地や手他者を取得するときにかかった費用のことです。

 

具体的には、次の費用等から建物等の減価償却費を引いたものです。

 

■購入代金 
■登記費用 
■印紙税 
■工事費
■不動産取得税 
■仲介手数料 
■リフォーム費用
■使用開始までのローンの利子

実際の取得費が不明のときはどうすればよいのですか?

実際の取得費が不明の場合には、
譲渡収入の5%を「概算取得費」として計算します。

 

このとき、算出した取得費よりも
概算取得費で計算したほうが有利になるときは、
概算取得費を選択してもよいことになっています。

 

スポンサーリンク

譲渡費用とは?

譲渡費用というのは、
土地や建物の売却にかかった費用のことです。

 

具体的には、次のような費用が含まれます。

 

■登記費用 
■広告費 
■仲介手数料
■不動産鑑定料 
■建物の解体費用 
■印紙税

特別控除額とは?

特別控除額というのは、
一定の条件を満たす譲渡所得から差し引くことができる金額のことです。

 

具体的には、
居住用財産(マイホーム)の譲渡でしたら3,000万円などです。

 

スポンサーリンク