譲渡所得の所有期間の計算方法は?

所有期間とは?

所有期間というのは、
不動産を取得した日から譲渡した日までの期間のことで、
これは譲渡した年の1月1日現在で判定されます。

 

つまり、たとえ平成20年の3月に譲渡しても12月に譲渡しても、
平成20年の1月1日として判定されることになりますので注意が必要です。

取得した日とは?

取得した日の判定は次のように決められています。

 

■購入したケース
・売買契約日※、または引き渡しを受けた日のどちらかを選びます。
※建売住宅や建築中のマンションの場合には完成日です。

 

■注文住宅を建てたケース
・引き渡しを受けた日

譲渡した日とは?

譲渡した日の判定は、売買契約日、
または引き渡しを受けた日のどちらかを選びます。

 

具体例としては次のようになります。

 

<具体例>
■売買契約を交わした月 ⇒ 平成13年12月
■引き渡しを受けた月 ⇒ 平成14年2月
■売却する年 ⇒ 平成19年

 

上記の場合は、
取得した日を引き渡し日にすると短期譲渡になりますが、
取得した日を売買契約日にすると長期譲渡になります。

 

スポンサーリンク