購入物件と資金計画の検討

購入物件と資金計画を検討するとは?@

次のような事項について検討します。

 

■現地調査と確認
購入物件が絞り込めたら、現地に出向いて、以下の事項について
自分の目で確認するようにします。
・立地条件
・設備
・環境

 

なお、このとき資金計画について相談しておくとよいです。

購入物件と資金計画を検討するとは?A

■販売員や営業マンへの質問
現地の販売員や同行した営業マンなどに、
自分の希望や物件について質問してみます。

 

このとき、じっくり話を聞いてくれて、
正確な情報を伝えてくれるようであれば信頼できます。

 

■敬遠したい会社
十分な時間をとらずに、
すぐに契約を迫るような会社は避けるようにします。

 

■業者名簿による調査
不動産会社の実績や内容について、
業者名簿で調べます。

 

業者名簿は、以下で閲覧できます。

 

国土交通大臣免許 ⇒ 国土交通省の地方整備局

 

都道府県知事免許 ⇒ 各都道府県の不動産取引の担当部署

 

■業界団体の確認
広告に「(社)○○協会会員」などとあれば、
業界団体に加盟していることがわかりますので、
これも信用度の判断材料にします。

 

スポンサーリンク