公示価格、公正証書とは?

公示価格とは?

公示価格というのは、
地価公示法に基づいて、

 

土地鑑定委員会が、毎年1回公示する、
一定の基準日における標準値の価格のことをいいます。

公示価格の公示方法は?

公示価格は、
都市計画区域内で標準的な土地(標準値)を選定し、

 

その標準値について
2人以上の不動産鑑定士等の鑑定評価を求め、
その正常な価格を判定して公示するものです。

 

ちなみに、公示価格は、
例年1月1日現在の価格が3月下旬に公示されます。

公示価格を基準にするとは?

公示価格は、
公共事業の施行者が土地の取得価格を決める場合や、
国土法による土地取引規制における価格審査においては、
この公示価格を基準として行うべきこととされています。

 

スポンサーリンク

地価公示価格の動向は?

地価公示価格の動向については、
前年と継続する標準値の価格の上昇
または下落の率を意味する変動率が使用されます。

公正証書とは?

公正証書というのは、公証人が、
私人の法律行為その他私権に関する事実について
作成する証書のことをいいます。

公正証書の作成方法は?

公正証書は、
公証人の面前において、

 

嘱託人がした陳述や金銭授受などの行為を、
公証人が聴取または目撃して作成します。

公正証書の効力は?

公正証書は、訴訟手続上強い証明力を有しますので、
次のような場合に利用されます。

 

●債権譲渡などでは、確定日付のある文書とされます。

 

●遺言については、家庭裁判所での検認の手続が不要とされます。

 

●金銭の支払いについての公正証書で、
債務者が執行で受諾をする旨の文言のあるものは、
債務名義として、
債務者の財産を差し押さえたりすることにも利用されます。

 

スポンサーリンク