準耐火構造・準耐火建築物とは?

準耐火構造とは?

準耐火構造というのは、
壁、柱、床その他の建築物の部分の構造のうち、
準耐火性能に関して政令で定める技術的基準に適合するもので、

 

国土交通大臣が定めた構造方法を用いるもの、
または国土交通大臣の認定を受けたものをいいます。

準耐火建築物とは?

準耐火建築物というのは、
耐火建築物以外の建築物で、

 

主要構造部を準耐火構造としたもの、
または同等の準耐火性能を有するものとして、

 

主要構造部の防火の措置等について、
政令で定める技術的基準に適合するもので、

 

外壁の開口部で延焼のおそれのある部分に、
防火戸等の防火設備を有するものをいいます。

準耐火性能に関する技術的基準とは?

準耐火性能に関する技術的基準というのは、
通常の火災による火熱が加えられた場合に、

 

加熱開始後一定の時間造耐力上支障のある変形、
溶融、破壊等を生じない物であるなどとして、
壁、柱、梁については45分間とされています。

 

また、主要構造部を準耐火構造とした建築物と
同等の耐火性能を有する技術的基準というのは、
次のようなものとされています。

 

■外壁が耐火構造であること。

 

■屋根の構造が通常の火災による火の粉により、防災上有害な発炎をしないものであること。

 

■柱とびはりが不燃材料であること。

 

■その他の主要構造部が準不燃材料利用であること。...など

 

スポンサーリンク