タイトル・インシュアランス、タックス・ヘイブンとは?

タイトル・インシュアランスとは?

タイトル・インシュアランスというのは、
1876年に米国フィラデルフィアで始まった
不動産取引を保護するための権原保険制度のことをいいます。

 

このタイトル・インシュアランスは、1913年にカリフォルニア州で普及し、
エスクローの基本業務として公認されています。

タイトル・インシュアランスの内容は?

タイトル・インシュアランスは、不動産取引に際し、
事前に登記簿を調査しても容易に発見できない
瑕疵や負担による損害を担保します。

 

権原保険会社は、
保険証券交付前に取引対象不動産の権原を調査して、
もし瑕疵や負担があれば、免責条項にて留保します。

 

ただし、軽微なものについては、
それから生ずる苦情や紛争を保険会社の責任と負担で解決します。

 

なお、不動産担保金融を扱う金融機関は、
融資条件として、
債務者に権原保険の付保を要求することになっています。

タックス・ヘイブンとは?

タックス・ヘイブンというのは、租税回避地のことをいいます。

 

このタックス・ヘイブンでは、次のような優遇策を講じ、
外国会社の設立を奨励する誘致政策をとっています。

 

■最低資本金を低く設定する。

 

■法人税がゼロまたは非常に安く、源泉税も徴収しない...など

よく利用されるのは?

タックス・ヘイブンは、次のような理由から、
英国のケイマン諸島がとしてよく利用されます。

 

■法人税や源泉税が課税されない。

 

■設立が容易でコストが安い。

 

■証券発行規制が緩い。...など

 

スポンサーリンク