建物譲渡特約付借地権とは?

建物譲渡特約付借地権とは?

建物譲渡特約付借地権というのは、
平成4年に施行された借地借家法で新たに創設された、
定期借地権制度の一形態のことです。

 

なお、建物譲渡特約付借地権の主な利用目的としては、
賃貸・分譲住宅、賃貸ビル、個人住宅などが考えられます。

建物譲渡特約付借地権の内容は?

建物譲渡特約付借地権は、
普通借地権に建物譲渡の特約を付して、

 

この契約の履行により、建物の所有権を地主が取得することで、
借地契約を終了させるというものです。

建物譲渡特約付借地権の設定は?

建物譲渡特約付借地権を設定するには、
設定後30年以上を経過した日に、
建物を相当の対価で譲渡する旨の約定をすることが必要です。

 

なお、譲渡原因としては、次のものが考えられます。

 

■売買予約
■期限付売買契約
■代物弁済予約...など

建物譲渡特約付借地権の利用目的は?

建物譲渡特約付借地権の主たる利用目的は、
次のようなものが考えらます。

 

■賃貸・分譲住宅
■賃貸ビル
■個人住宅...など

 

スポンサーリンク