特定空港周辺航空機騒音対策特別措置法とは?

特定空港周辺航空機騒音対策特別措置法とは?

特定空港周辺航空機騒音対策特別措置法というのは、
昭和53年に制定された法律です。

 

この特定空港周辺航空機騒音対策特別措置法の目的は、
特定空港の周辺について、航空騒音対策基本方針の策定、
土地利用に関する規制等の措置等を定め、
航空機の騒音により生ずる障害を防止することにあります。

特定空港の確認は?

航空機騒音障害防止地区

航空機騒音障害防止特別地区
に関する都市計画は、
都道府県や市町村で確認できます。

 

なお、特定空港として指定されている空港として、
新東京国際空港があります。

特定空港周辺航空機騒音対策特別措置法の内容は?

特定空港周辺航空機騒音対策特別措置法では、次のようなことが定められています。

 

■都市計画に、航空機の著しい騒音が及ぶ地域を「航空機騒音障害防止地区」と「航空機騒音障害防止特別地区」に定めることができます。

 

■航空機騒音障害防止地区内で、住宅等の建築※等を行う場合には、防音上有効な構造にしなければなりません。

 

※建築物の用途の変更をして住宅等にする場合も含みます。

 

■航空機騒音障害防止特別地区内では、原則として、住宅等の建築※が禁止されます。...など

 

※建築物の用途の変更をして住宅等にする場合も含みます。

 

スポンサーリンク