表示登記とは?

表示登記とは?

表示登記というのは、
不動産登記簿の表題部になされる登記のことをいいます。

 

以下、表示登記について、
より具体的にみていきたいと思います。

土地と建物の表示登記は?

土地と建物については、次のように表示されます。

 

<土地>
■所在 
■地番 
■地目 
■地積

 

<建物>
■所在 
■家屋番号 
■種類 
■構造 
■床面積...など

表示登記を行う理由は?

不動産登記簿の表題部に
一定の事項を記載することにより、

 

不動産の客観的現況をそのまま公示し、
権利に関する登記が、
正確かつ円滑に行われることが期待できるからです。

表示登記の職権主義とは?

表示登記の申請人は、
原則としてはその所有者(所有権登記名義人)です。

 

しかしながら、表示については、
職権主義がとられていますので、登記官に実地の調査権があります。

 

これは、登記の際に、
登記所に出頭する必要がないこととあわせて、
権利の登記と大きく異なります。

 

スポンサーリンク