附記登記とは?

附記登記とは?

附記登記というのは、
登記をその形式で分類した場合の主登記※に対する登記のことです。

 

この附記登記は、主登記に附記し、その一部を変更し、
新たな登記として旧登記を維持するものをいいます。

 

なので、附記登記の順位は、主登記と同一であるといえます。

 

※既存の権利の登記のことです。

附記登記の表示は?

附記登記は、
主登記の番号を使用し、
その番号の左側に附記番号と記載して表示されます。

附記登記がなされる場合とは?

附記登記は、次のような場合になされます。

 

■その性質上、次のような主登記と同一の順位の登記でなければ困る場合
・登記名義人表示変更
・所有権以外の権利の移転...など

 

■変更や更正の効力を、次のような当初登記した権利の順位に遡及させたい場合
・権利の変更
・更正登記等

 

※なお、利害関係人がいるときは、その人の承諾書を添付できるときです。

 

■権利関係の簡明化のため、次のような法律で定めた場合
・根抵当権の極度額の変更等

 

スポンサーリンク